メンズアイリストが活躍♪ 次世代サロンが京都にあった!

「ジェンダーレス」という言葉ももはや聞きなれた単語。


恋愛も仕事もファッションも性別は関係ないものに


なりつつありますよね。


美容の仕事も同様に、活躍する美容師は?


と聞かれパッと思いついた人は男性だった


なんて人も多いはず。


 


アイリスト=女性はもう古い?! 


日本の都・京都には、


「超今っぽい」教育体制をもつサロンがあるんです!


それがNOISMのトレーニングサロン


フォーカスジャパン♪


デビュー後1年未満のスタッフが働く、


と聞いたら一般的なトレーニングサロンと変わりないけど


ここは男女関係なくスタッフの多くが


アイリストとしても活躍してるんです!


 



 


もっと詳しいことが聞きたい! ということで


フォーカスジャパン副店長の室山 真毅さんに


お話を聞いてきました♪


入社2年目ながら、


スタイリスト兼幹部職をこなす室山さんも


入社当初はフォーカスジャパンで、


アイも担当していたそうです!


 



 


ーNOISMの新入社員は全員アイを勉強すると聞きましたが...


はい、そうです!


入社後の新人研修で、


女性も男性も全員アイの技術を学びます!


 


ーみんな初めてですよね?


そうですね〜。


ほとんどの人が同じスタートから


はじめます。


でも早い人は


2週間でデビューしちゃいます(笑)


 


ーはやい! 室山さんは抵抗なかったですか?


僕はなかったです。


なんでも挑戦したい、っていう


考えなんでアイも勉強できて


よかったです!


 



 


ーお客様には驚かれませんでしたか?


最初はめちゃめちゃびっくりされます。


お客様も予約した時は男性だと


思ってないので、


「え⁈」って(笑)


 


ー私も女性の方しか担当してもらったことない!


でも最初だけですね。


慣れるとお客様も


男性としての意見を聞いてくださったりします。


 


ー男性アイリストの強みですね。


やっぱり男性アイリストが担当すると


「男ウケ」するアイにできるので


それは男性だからこその強みだと思います!


 


ー男性アイリストの可能性ってどうなんでしょう...


男性のアイリストってまだまだ珍しいですよね。


でも可能性は十分にあると思います!


さっきも言ったように、


男性目線のアドバイスができますし、


性格的にも男の方が一つのことに


集中するから傾向があるから


仕上がりがキレイ、なんて話も


あるんです。(室山さん説)


 



 


ーでも兼任業務って大変そうですね!


大変ではないと言ったら嘘に


なりますが、


良いこともたくさんあります♪


アイは施術前にカウンセリングを


するんですけど、


一度アイでカウンセリングを


経験するからヘアでカウンセリングを


するときに堂々と対応できるんです。


アイは万が一ミスしても直すことができるけど


ヘアはそうじゃないんで。


カウンセリングや接客でおどおどしてたら


お客様も不安になりますよね。


そういう面では、


ヘアの前にアイでお客様の担当を


できてよかったなって思います。


 


ー早い段階でお客様に1対1でつく経験ができるんですね。


接客も経験を積めば積むほど


うまくなりますからね。


あとは、アイを担当したお客様が


スタイリストになったときに


ヘアでも指名してくださる場合も


あります!


 



 



室山 真毅さん


グラムール美容専門学校卒業


Instagaram:noism.masaki



 


挑戦ができる、成長ができる、それがNOISM


性別や年数は関係ない。


女性だって、男性だって、


アシスタントだって、Jrスタイリストだって


みんなが戦力として必要な存在。


挑戦と努力が結果につながるサロンなら


NOISMのフォーカスジャパン。


 


NOISMの情報はこちら⇩


https://bestar-ch.jp/shops/top/64