「有名サロンは通わないと受からない?」答えはノー! 初来店初面接で内定を勝ち取る極意♡

 


OCEAN TOKYOやSHIMAなど、人気サロンが


続々と採用を開始している中、学生からの質問で多いのが


「有名店って、通ってないと受からないの?」というもの。



確かに、倍率の高い有名サロンだと


普段からサロンにお客さんとして通って顔を覚えてもらう、


自分をアピールする…なんて学生も多いですよね!


 


しかし、今の世の中、とくに地方の美容学生は


有名サロンに通うことすらできないというのが現状。


 


そこで今回は、サロンに通わなくても採用を勝ち取る!


数々の美容学生の就活をサポートしてきたBESTARが


有名サロン面接の極意を3つご紹介しちゃいます♡


 


このコラムを読めば、きっとサロンに内定がもらえるハズ!


ぜひ最後まで見ていってね!


 


 


01


サロンのことをしっかり把握!


誰よりもそのサロンが好きな”オタク”になろう♡



サロンに受かりたいなら、


そのサロンのことを知っておくのは絶対条件!


HPやInstagramなどを使って情報収集したり


実際にそのサロンに行ったことのある


友達に話を聞いてみるのもいいかも♡


知識と熱量なら誰にも負けない


サロンオタクを目指して勉強だ!


 


02


自己PRの内容は濃く・アツく・簡潔に!



短い面接時間の中で、


自己PRは自分を知ってもらう最大のチャンス!


ただ「〇〇が好き」だけではなく


理由や経験を加えて話に意味を持たせ「濃く」する。


どれだけの熱意があって、どれほどサロンが好きかを


理解してもらうために「アツく」


相手を飽きさせないため、要点を絞って「簡潔に」話す。


これさえ掴めていれば、


サロンに通ったことがないハンデなんて怖くありません♪


 


03


自分の想いをしっかりぶつける!



面接は、自分がどれだけ相手が好きかを


知ってもらう、いわば「告白」です!


「絶対にここで働きたい!」という


自分の想いを相手に知ってもらわなければ


意味がありません。


ただ想いを伝えるだけでなく、なぜここで働きたいか


ここで働いて何がしたいか、


理由をしっかり肉付けすることも忘れないように!


 


 


サロンに通えなくたって「ここで働きたい!」


という想いが強ければ必ずサロンさんに伝わります。


サロンに通えないことを理由に、


自分の夢を諦めるのは本当にもったいない!


自分の憧れのサロンに内定をもらえるように


BESTARも全力でサポートします!


就活に関する不安や悩みがあれば


ぜひ相談してくださいね♡