感度の高さがひと目で分かるエッジィな“デザインカラー”


春はおしゃれのシーズン。ヘアにまんねりを感じしているなら、カラーで個性を出してもっと自分らしく楽んで。今シーズンのおすすめはハイライト。ビビッドカラーをポイントで入れてアクセントにしたり、フォルムを立体的に見せたり。お手本にしたい3スタイルをご紹介!



 


 




大胆なカラー配色で自分だけの個性を楽しむ



地毛をベースに、中間~毛先にかけてレッド系カラーのハイライトを大胆にのせたショートボブ。カラーで遊びを効かせた分、パーマはゆるめのニュアンス程度にしておくのが正解。「ゆるっとした顔まわりがほんのり色気を感じさせるスタイルです」とDoorkanakoさん。


 


Stylistkanako


SalonDoor


 


 


ハイライトでスパイスを効かせたぱっつんボブ




おしゃれ上級者もうなずくハイクラスなおしゃれボブ。前下がりにベースカットし、毛先はパツンとラインを残して凛としたイメージに。髪の赤みをおさえるくすみ系カラーで外国人っぽく。「表面にランダムにハイライトを入れて立体感を出しました」とbroocHの柳さん。


 


Stylist:柳 亜矢子


SalonbroocH


 


 


ベーシックミディを技アリのスタイルに



ベーシックな鎖骨下ラインのミディアムは、ラインを強調した厚めバングでレトロな可愛さを主張。重くなりすぎないようにサイドの内側にポイントでハイライトを。「全体を染めたくない人でもできます。アレンジ時にもハイライトが見えておしゃれ」とDoorの吉村さん。


 


Model:松岡アレシア未央


Stylist:吉村友紀


SalonDoor



オリジナル記事:感度の高さがひと目で分かるエッジィな“デザインカラー”