ボブより長めで女っぽい。オシャレと色っぽさを両立させるなら「ロブ」におまかせ!

ボブほどカジュアルになりすぎず、ロングほどフェミンになりすぎない。そんな絶妙なバランスがロブにはあります。




 

 


ボブほど短く切る勇気はない。


長らくロングスタイルだった人にとっては、


ボブまでばっさり短くカットするのは勇気がいることです。


ボブのオシャレな雰囲気は欲しい、でもいきなり短くなるのには抵抗がある。


そんなかたには、ロングとボブの中間、”ロブ”がおすすめです!


ボブほどカジュアルになりすぎず、程よい色っぽさもありながら、


それでいてオシャレ。いいとこドリのベストレングスとも言えるでしょう。


 


透明感抜群のナチュラルストレートロブ。



鎖骨下の長さで、やや前下がりのストレートロブ。


毛先に軽さが出るようにカットしているので、


動くたびに柔らかい束感が肩周りを彩ります。


 



柔らかい質感とツヤ感を演出するため、ミントアッシュベースにグレーパールを


ミックスしたカラーリングも、涼しげでとっても素敵。


透明感とニュアンス感が抜群のクリーンなヘルシーロブスタイルです。


 


stylist:一色さおり(LOAVE AOYAMA


 


 


 


70’sを意識したヴィンテージミディアムロブ。 



70年代の銀幕を飾った女優のような、


ノスタルジックな雰囲気を感じさせるヴィンテージロブ。


前髪はスキマと束感を出しやすいカットにすることで抜け感をプラ


 



毛先は外ハネになるように、軽くアイロンで巻いたら、


シアバターを全体になじませて。


こなれた雰囲気が漂いつつも、ドキっとさせるような色っぽさも感じられます。


 


stylist:鈴木成治(LOAVE AOYAMA


 


 


しなやかなニュアンスを兼ね備えたスリークロブ。



シンプルなストレートロブは、どんなテイストのファッションにも


マッチしやすく、大人女子も挑戦しやすいスタイルです。


重すぎず軽すぎない絶妙な質感で、スタイリングもかんたん。


 



ドライヤーで乾かしたら、オイルをなじませるだけでOK。


時間のない朝にスピーディに仕上がるのもうれしいですね。


カジュアルすぎないけど、しっかりオシャレ。


この絶妙なラインをついてくるのが、ロブの良さでもあります。


 


stylist:鈴木成治(LOAVE AOYAMA


 


 


いかがでしたか?


ロングからイメチェンしたいけど、


バッサリはいきたくない。


そんなかたは、まず「ロブ」に挑戦してみるのもおすすめですよ。


 


今回ヘアを担当してくださったのは・・・


LOAVE AOYAMA』一色さおりさん



一色さんのインスタはコチラ▼


https://www.instagram.com/isshiki_saori/?hl=ja


 


LOAVE AOYAMA』鈴木成治さん



 


鈴木さんのインスタはコチラ▼


https://www.instagram.com/shigeparu/?hl=ja


 


SALON DATA


『LOAVE AOYAMA』



東京都渋谷区神宮前5-45-8 3F


03-6427-7340


平日/11:00-20:30


土・ 日・祝日/10:00-19:30


定休火:月曜日


http://loave-hair.com/shop/aoyama/